総量規制対象外のカードローンの特徴について

銀行とその子会社が提供するカードローンサービスは総量規制対象外となります。総量規制対象外のローンには銀行系の他にも消費者金融会社や信販会社が提供しているものがあります。これらは貸金業法の適用を受けるために総量規制の対象ですが、銀行系のカードローンには貸金業法が適用されないため総量規制対象外となります。
また消費者金融会社や信販会社が行うサービスでも、多重債務者が複数の債務を1つにして返済を容易にするために利用するおまとめローンの場合には例外的に総量規制対象外となります。おまとめローンは顧客に一方的に有利な借り換えに該当するため、貸金業法では例外として扱われています。もちろん通常のカードローンをおまとめローンとして利用することも可能です。ただ複数の債務を1つにする場合には高額になる傾向があるため、貸付額が年収の3分の1までと制限を受ける通常のカードローンでは利用しづらい場合があります。
総量規制対象外となる銀行系カードローンはその他のもの比べると金利が低い特徴があり、おまとめローンとして利用することも可能です。複数の債務を1つにする場合に銀行系カードローンを利用すれば、返済日や返済額を統一して計画的な返済を可能にするだけでなく金利を低くして利息の支払い額を少なくすることができます。ただローンの利息は日割りで計算するので、利用期間が長くなると利息の支払い額が増えるという特徴があります。借り換えによって成立した新たな債務の返済期間が長くなるような場合には、結果として利息の支払い額が多くなることもあるので注意が必要です。